前へ
次へ

不動産売却をしたときの確定申告の必要性について

サラリーマンが確定申告を行う機会は、給与所得以外に収入が発生した場合となります。これは、給与所得以外の収入については勤務先企業が把握していないので、個別に税務署に対して申告をしなければならないためです。このため、不動産売却をした結果として、譲渡所得がプラスとなった場合には、給与所得以外に収入が発生しているので確定申告をしなければなりません。ちなみに、不動産売却による譲渡所得がマイナスとなった場合は、確定申告は原則不要となります。ただし、個人が所有する自宅以外の不動産であっても、同じ年内にいくつかの物件の不動産売却を行った場合は、確定申告を通して損益通算を行う場合があります。ところで、不動産売却における譲渡所得については制度上の特例があり、その適用を受けるためにも確定申告が必要となります。例えば自宅のような居住用財産の不動産売却に対しては、発生した譲渡所得の減額や低い税率を適用できる特例があります。また不動産売却の結果、譲渡損失が発生した場合に、源泉徴収税額の還付が受けられる特例もあります。ただし、自宅売却以外の不動産の売却では、このような特例がないので注意が必要です。このように不動産売却の際には税制上の特例の扱いについても、確認することを忘れないようにしましょう。

Page Top