前へ
次へ

不動産売却で失敗するパターンとは何か

不動産売却をする場合において、全てがうまくいくわけではありません。中には失敗する不動産売却も存在します。具体的にどのような不動産売却が失敗しやすいのかと言えば、そのうちの1つは不動産売却の業者選びを間違えたことです。例えば、不動産売却業者に依頼をした場合に契約を結びますがこの時専属専任媒介契約等を結んだ場合他の不動産会社に依頼することができません。名前の通り専属で売却をお願いすることになるわけです。そうすると、その不動産売却をする会社がなかなか動いてくれない場合には物件が売れるわけもありません。このようなことから、不動産会社の選び方を間違えてしまうと不動産売却が非常に遅れるケースがあります。ちなみに、多くの場合広告を載せた段階ですぐに売れる事はありませんが、かといって1年以上売れないことも珍しいです。大抵の場合、広告を掲載してから1ヵ月から3ヶ月の間で不動産売却が実現しておりおよそ半数の不動産は3ヶ月以内に売れています。

Page Top