前へ
次へ

不動産売却をして税金の支払いに困らない準備

不動産売却をするとそれなりのお金が入ってくるかも知れません。売却したお金で新たな不動産を購入するときもあるでしょうし、不動産以外の入用で使うときもあるでしょう。しかし不動産売却では将来的に支払いが発生するときがあり、その支払いのために苦労するケースもあるようです。不動産売却時にはいくつかの税金があり、その中でも大きな支払いになるのが譲渡所得による税金です。不動産売却した年の税金として翌年の冬に支払いがあり、その支払い分を準備している人は結構います。さらに必要になる支払いとして住民税があり、こちらは所得税より遅れて支払いが発生します。不動産売却において所得税がかかるときは自動的に住民税もかかると考えておきましょう。もしその支払いの準備をしていないと毎月の支払い負担がきつくなり借入が必要になるかもしれません。不動産売却で大きなお金を得たときには将来の支払いの可能性も考慮していくらかは残しておくようにしましょう。

Page Top