前へ
次へ

遠隔地の不動産売却の仲介業者の選定基準

不動産売却では専門の不動産業者に仲介を依頼するという方法が多く見られる一般的なケースと言えます。しかし、不動産売却の対象となる物件が遠く離れた場所にある場合はどこの不動産業者に依頼するべきか悩むところです。居住地の近くにある業者なら何かと連携がしやすくなりますし、知人から紹介を受けるなど信頼できる業者を探すことも比較的容易にです。一方、不動産売却の対象となる物件の近くの不動産業者に依頼すると、物件やその周辺の事情に精通していることが多く、買い手を早く見つけてくれる可能性があがります。しかし、現地に知り合いがいない場合は信頼できる業者を見つけるのが困難な場合もあります。どちらを選ぶべきか悩ましいところではありますが、一般的には現地の、つまり不動産売却の対象となる物件の近くにある不動産業者を選んだ方が良いと言えます。物件の事情を理解していることは不動産売却に不可欠なことですし、電話やメールなどの通信を利用し密に連携を取り合えば不動産売却に必要な信頼関係の構築もできます。

Page Top